諸費用と税金

事前にしっかりとチェックしておきたい諸経費と税金についてご紹介。

不動産の売却には、諸経費や税金がかかり手取りの金額はその分を差し引いた金額になります。気になる売却の費用についてご紹介します。

売却にかかる費用は?

  • 不動産会社に支払う仲介手数料
  • 譲渡税:物件の売却により売却益が出た場合は、所得税・住民税がかかります。
  • 登記費用:ローンが残っている時などの抵当権抹消登記費用、司法書士への報酬額です。
  • 印紙代:売買契約書や領収書に貼付する印紙代。
  • 引越し費用

予想外に測量費用が・・・・。

土地や一戸建てで、改めて実測して売却する場合や境界が特定できない場合など、土地の測量が必要になる場合があり、測量費が発生します。他にも、リフォームしてから売却するケースや古屋を解体して売却するケースも費用がかかります。あらかじめ費用に入れておきましょう。

さらに詳しく

仲介手数料とは

売却価格により計算法が定められています。
通常、(売却代金×3%+6万円)×1.10(税込)がかかります。(※上限報酬)

譲渡税について

不動産を売却し、譲渡益が出た場合、譲渡益に対して所得税や住民税がかかります。

譲渡所得

減税借置など

譲渡所得に対してかかる税率は、不動産の利用形態や所有期間によって違いがあり長期保有した場合の方が税率は低くなります。一定の要件を満たした居住用物件に関しては譲渡所得に対し、最高3,000万円までの特別空除や定率分離課税などの軽減税率の適用があります。
他に、購入価格により売却価格が安くなった場合、つまり譲渡損失が発生する場合一定要件を満たせばその損失と他の所得を損益通算できる場合があります。