不動産売却を流れに沿ってご説明します。まずはここからスタートしましょう!

売却相談

売却相談イメージ

不動産の売却では、ローンが残っている場合やスケジュールに制限がある場合、住み替えを検討されている場合など、諸事情により売却方法が変わってきます。
どれ位の価格で売れるか、諸経費をどれ位見込んでおいたら良いか等、状況にあった売却方法を相談してみましょう。

査定依頼

査定依頼イメージ

売却相談で不動産の諸事情が把握できたら、次は価格査定です。所有の不動産がどの位の価格で売れるのかを調べます。売却金額の目安を知ることが不動産売却の第一歩です。
計画を立てるためにも、まずは査定を依頼しましょう。

物件の確認・調査・査定

物件の確認・調査・査定

物件について、現地や周辺環境の調査、権利関係や建築法規、周辺の売出事例・成約事例などを調査し、価格査定を行います。

媒介契約

媒介契約イメージ

不動産会社に売却を依頼する際に行う契約です。売出方法・価格の確認をし、納得した上で契約を行いましょう。
この媒介契約が売主様からの正式な依頼となります。

売却活動

売却活動イメージ

不動産会社は、さまざまな広告展開を行い、購入希望者を探します。お問合わせ頂いた方には直接物件を案内するなど、幅広い売り出し活動を行います。

営業活動報告

営業活動報告イメージ

不動産会社から営業活動の状況、問い合わせ状況などの報告を受けます。

売買契約の締結

売買契約の締結イメージ

購入希望者から「買付証明書」を受領し、価格や引渡しなどの条件について調整します。売主様と買主様の双方が合意されたら、売買契約を交わします。

引渡し準備

引渡し準備イメージ

物件の引渡し(決済)の日までに、隣地との境界確認や公共料金の精算などを済ませます。
引渡しは、契約時に取決めした状態で行いますので、状態の確認を行いましょう。

残代金決済・引渡し

残代金決済・引渡しイメージ

売買契約に定めた内容で物件の引渡しを行います。
残代金の受領と同時に物件の引渡しを行い、取引は、全て完了です。